Cisco/SEP.cnf.xml(SIP)

提供: VoIP-Info.jp
移動先: 案内検索

SEP<MACアドレス>.cnf.xmlは、Cisco IP Phoneが使用するプレーンテキストの設定ファイルであり、SCCP(Skinny)ファームウェアとSIPファームウェアでは設定内容が大きく異なる。
ファームウェアのバージョンによっては、設定できる項目が違うので注意が必要

設定ファイルの命名規則について

電話機毎に異なるファイルをTFTPサーバーから読み込む仕様になっており、
読み込むファイル名はSEP[IP PhoneのMACアドレス].cnf.xmlの形式になる。
電話機のMACアドレスが"00:1B:D4:00:00:FF"の場合は、"SEP001BD40000FF.cnf.xml"となる。
この部分はSCCP(Skinny)ファームウェアと共通。

時間設定

時刻およびタイムゾーンの設定

<dateTemplate>
電話機に表示する日付の並び方を指定する。
Y
西暦
M
D
<timeZone>
タイムゾーンの設定
<name>
NTPサーバーのアドレスを入力する。
<ntpMode>
NTPサーバーから時刻を受け取る方法を選択する。
UnicastでだいたいOK

設定例

<dateTimeSetting>
 <dateTemplate>Y/M/D</dateTemplate> ←電話機の時刻表示を「日・時・分」にする 
 <timeZone>Tokyo Standard Time</timeZone> ←日本標準時にタイムゾーンを合わせる 
  <ntps>
   <ntp priority="0">  NTPサーバー(通常利用)の設定 
    <name>192.168.0.5</name>  ← IPアドレス:192.168.0.5のNTPサーバーに時刻を問い合わせる 
    <ntpMode>Unicast</ntpMode>  ← 時刻を問い合わせる時は、ユニキャストを使用する 
   </ntp>
   <ntp priority="1">  NTPサーバー(バックアップ用)の設定 
    <name>133.243.238.163</name>  IPアドレス:133.243.238.163のNTPサーバーに時刻を問い合わせる 
    <ntpMode>Unicast</ntpMode>  時刻を問い合わせる時は、ユニキャストを使用する 
   </ntp>
 </ntps>
</dateTimeSetting>

SIP関連の設定

SIPパケットの取り扱いに関する設定。
QoSや音声圧縮などの詳細設定を行う

<enableVad>
VAD(無音圧縮)の有無。
通話トラブルの元になることが多いので、基本的には無効にしておくこと
VoIP:コール単位の帯域幅の使用量
<softKeyFile>
発信のタイミングやセカンダリダイヤルトーンに関する設定ファイル読み込み先。
詳細
<kpml>
Key Press Markup Languageの有無。
<sipProfile>
 <enableVad>false</enableVad> 無音圧縮を使用しない 
 <preferredCodec>g711ulaw</preferredCodec>
 <softKeyFile>softkeyDefault.xml</softKeyFile> ソフトキー用の設定ファイルとしてsoftkeyDefault.xmlを利用する
 <dialTemplate>dialplan.xml</dialTemplate> 発信制御用の設定ファイルとしてdialplan.xmlを利用する 
 <kpml>1</kpml>
 <phoneLabel></phoneLabel>
 <stutterMsgWaiting>2</stutterMsgWaiting>
 <disableLocalSpeedDialConfig>true</disableLocalSpeedDialConfig>
 <dscpForAudio>184</dscpForAudio>
 <dscpVideo>136</dscpVideo>
</sipProfile>

SIPサーバー接続設定

Asteriskサーバーのアドレスとポート

<processNodeName>
レジスト先(Asteriskサーバー)のアドレスを入力する。
<sipPort>
SIPで使用するポートを設定する。通常は5060でOK

設定例

 <callManagerGroup>
  <members>
   <member priority="0"> SIPサーバー(通常利用)の設定 
    <callManager>
     <ports>
      <sipPort>5060</sipPort> ← ポート5060を使用する 
     </ports>
     <processNodeName>192.168.0.4</processNodeName>  ← IPアドレス:192.168.0.4のAsteriskサーバーにレジストする 
    </callManager>
   </member>
  </members>
 </callManagerGroup>
</devicePool>

ラインキー設定

<line button="1">
ラインキーの位置を決める。
CP-7911Gの場合は、ラインキーが無いので1。
他のラインキー付き電話機の場合は、上から順に数える。
<featureID>
ラインキーに割り当てる機能を選択する。
9
内線番号を割り当てる
20
XMLサービスを割り当てる。(未確認)
21
ワンタッチダイヤルを割り当てる。
ボタンを押すと指定した番号に発信する。
「スピードダイヤル」「短縮ダイヤル」と一緒
<authName>
ユーザーIDを入力する。内線番号と同じ番号にしたほうが楽
<authPassword>
レジストおよび発信の際に使われるパスワードを入力する。

設定例

<sipLines>
 <line button="1"> ←一番上のラインキーを設定する 
  <featureID>9</featureID> ←内線として設定する 
  <featureLabel>Naisen2001</featureLabel> ←表示名(示名条片) 
  <proxy>USECALLMANAGER</proxy>
  <port>5060</port>
  <name>2001</name>
  <displayName>Home Telephone</displayName>
  <autoAnswer>
   <autoAnswerEnabled>2</autoAnswerEnabled>
  </autoAnswer>
  <callWaiting>1</callWaiting>
  <authName>2001</authName>
  <authPassword>CiscoPhonePass12345</authPassword>
  <sharedLine>false</sharedLine>
  <messagesNumber></messagesNumber>
  <ringSettingActive>5</ringSettingActive>
  <forwardCallInfoDisplay>
   <callerName>true</callerName>
   <callerNumber>true</callerNumber>
   <redirectedNumber>true</redirectedNumber>
   <dialedNumber>true</dialedNumber>
  </forwardCallInfoDisplay>
 </line>
</sipLines>
<enableVad>false</enableVad>

短縮ダイヤル

英語でいう「ワンタッチダイヤル」を割り当てる。

 <line button="6"> ←上から6番目のラインキーを設定する 
  <featureID>21</featureID> ←短縮ダイヤルとして設定する 
  <featureLabel>ぬるぽダイヤル</featureLabel> ←表示名(示名条片) 
  <speedDialNumber>0925000000</speedDialNumber> ←"092-500-0000"に電話をかける 
 </line>

ファームウェアのバージョンに関する設定

XMLDefault.cnf.xmlではローカル全体のファームウェアバージョンを指定するが、
それぞれの電話機に対し、ファームウェアのバージョンを指定することができる。

なお、バージョンの記述が無くても電話機自体は動く。
ファームウェアの記述がある場合、再起動のたびにTFTPサーバーに「ファームウェアください」とリクエストしてくるので、
ファームウェアを置いてない場合は、再起動のたびに余計な時間がかかってしまう。

<loadInformation>SIP45.8-5-2S</loadInformation> ← CP-7945G用SIPファームウェア バージョン8-5-2Sを読み込む。 
<versionStamp>100411744505851</versionStamp> (ほぼ)オマジナイ。ファイル書き換えた時に数字を繰り上げると設定が反映される。

言語表示の設定

日本語を表示させる場合は、下記の設定内容をコピペすること。
日本語フォントが別途必要になるので、注意すること。

<userLocale>
 <name>Japanese_Japan</name> 半分おまじない。TFTPサーバー上のディレクトリ名と関係する 
 <uid>13</uid>
 <langCode>ja</langCode>
 <version>3.3(2)JPN</version>
 <winCharSet>utf-8</winCharSet>半分おまじない。文字コードとしてUTF-8を利用する 
</userLocale>

サンプル

CP-7911Gでの実稼動設定

<device>
<deviceProtocol>SIP</deviceProtocol>
<devicePool>
 <dateTimeSetting>
  <dateTemplate>Y/M/D</dateTemplate>
  <timeZone>Tokyo Standard Time</timeZone>
   <ntps>
    <ntp priority="0">
     <name>192.168.0.5</name>
     <ntpMode>Unicast</ntpMode>
    </ntp>
  </ntps>
 </dateTimeSetting>

 <callManagerGroup>
  <members>
   <member priority="0">
    <callManager>
     <ports>
      <sipPort>5060</sipPort>
     </ports>
     <processNodeName>192.168.0.4</processNodeName>
    </callManager>
   </member>
  </members>
 </callManagerGroup>
</devicePool>

<sipProfile>
 <sipProxies>
  <registerWithProxy>true</registerWithProxy>
 </sipProxies>
 <sipCallFeatures>
  <cnfJoinEnabled>true</cnfJoinEnabled>
  <localCfwdEnable>true</localCfwdEnable>
  <callForwardURI>service-uri-cfwdall</callForwardURI>
  <callPickupURI>service-uri-pickup</callPickupURI>
  <callPickupGroupURI>service-uri-gpickup</callPickupGroupURI>
  <callHoldRingback>2</callHoldRingback>
  <semiAttendedTransfer>true</semiAttendedTransfer>
  <anonymousCallBlock>2</anonymousCallBlock>
  <callerIdBlocking>2</callerIdBlocking>
  <dndControl>2</dndControl>
  <remoteCcEnable>true</remoteCcEnable>
 </sipCallFeatures>

 <sipStack>
  <remotePartyID>true</remotePartyID>
 </sipStack>

 <sipLines>
  <line button="1">
   <featureID>9</featureID>
   <featureLabel>Naisen2001</featureLabel>
   <proxy>USECALLMANAGER</proxy>
   <port>5060</port>
   <name>2001</name>
   <displayName>Home Telephone</displayName>
   <autoAnswer>
    <autoAnswerEnabled>2</autoAnswerEnabled>
   </autoAnswer>
   <callWaiting>1</callWaiting>
   <authName>2001</authName>
   <authPassword>CiscoPhonePass12345</authPassword>
   <sharedLine>false</sharedLine>
   <messagesNumber></messagesNumber>
   <ringSettingActive>5</ringSettingActive>
   <forwardCallInfoDisplay>
    <callerName>true</callerName>
    <callerNumber>true</callerNumber>
    <redirectedNumber>true</redirectedNumber>
    <dialedNumber>true</dialedNumber>
   </forwardCallInfoDisplay>
  </line>
 </sipLines>
 <enableVad>false</enableVad>
 <preferredCodec>g711ulaw</preferredCodec>
 <softKeyFile>softkeyDefault.xml</softKeyFile>
 <dialTemplate>dialplan.xml</dialTemplate>
 <kpml>1</kpml>
 <phoneLabel></phoneLabel>
 <stutterMsgWaiting>2</stutterMsgWaiting>
 <disableLocalSpeedDialConfig>true</disableLocalSpeedDialConfig>
 <dscpForAudio>184</dscpForAudio>
 <dscpVideo>136</dscpVideo>
</sipProfile>

<commonProfile>
 <phonePassword>Cisco</phonePassword>
 <callLogBlfEnabled>2</callLogBlfEnabled>
</commonProfile>

<loadInformation>SIP11.8-5-2S</loadInformation>
<versionStamp>100411740605851</versionStamp>

<userLocale>
 <name>Japanese_Japan</name>
 <uid>13</uid>
 <langCode>ja</langCode>
 <version>3.3(2)JPN</version>
 <winCharSet>utf-8</winCharSet>
</userLocale>

<networkLocale>Japanese_Japan</networkLocale>
<networkLocaleInfo>
 <name>Japanese_Japan</name>
</networkLocaleInfo>
<authenticationURL></authenticationURL>
<directoryURL></directoryURL>
<servicesURL></servicesURL>
<dscpForSCCPPhoneServices>0</dscpForSCCPPhoneServices>
<dscpForCm2Dvce>96</dscpForCm2Dvce>
<transportLayerProtocol>2</transportLayerProtocol>
</device>

外部リンク

voip-info.org Cisco電話機全般の記事
voip-info.org 手元にPBXを置かずに7941/7961を使う試み
79x1 XML設定ファイル(SIP)
voip-info.org BLF利用する場合の設定について