差分

移動先: 案内検索

Asterisk 13

185 バイト追加, 2014年12月2日 (火) 12:16
Asteriskのコンパイルとインストール
基本的にconfigureしてmakeするだけです。
# ./configure
日本語音声ファイルをインストールする場合には./configureの後 make menuselectを実行します。
# make menuselect
メニュー画面から '''Core Sound Packages'''で'''CORE_SOUND-JA-....'''の必要なフォーマットのファイルを選択し、[Save & Exit]でmenuselectを終了します。あとはコンパイルとインストールを行うだけです。
# make
# make install
# make config
これで新規インストールは完了します。最後の make config で起動時に自動起動するようになります。<br>
なおAsteriskでもmake menuselectがサポートされておりコンパイルするモジュールを選択したり組み込むモジュールを選択することができるようになっています。
===MP3を使用する場合の注意===
MP3関連(MoHなど)を使用する場合には、MP3系のソースはAsterisk本体に含まれていないため、コンパイル時にエラーになりますが、ソース入手のスクリプトが付属しています。
# ./contrib/scripts/get_mp3_source.sh
これを実行すればMP3関連のモジュールがコンパイルできるようになります。

案内メニュー

VoIp-Info.jp