差分

移動先: 案内検索

ABS 使い方

1,078 バイト追加, 2019年4月12日 (金) 16:20
キー
つまりこの通話を保留したい場合にはキー1を押すと保留されます。保留した外線を他の電話機から取るにはキー1を押しますから、口頭か内線で「1番に電話―」を行えばよいわけです。<br>
下段のCID(num)側はD56オプションとプレフィクス付加を設定していると相手の電話番号に *56 + 1 を付加します。*56はキー捕捉番号で、1がキー番号です。この番号に対してリダイヤルすると外線キー1を補足して発信するというわけです。
==キーのない電話機==
BLFを持っていない電話機でもキーを使いたいでしょうそうでしょう(なんだそりゃ)<br>
この場合には代用番号があります。*56[キー番号]がそれです。ただし、この場合には8キーまでしか使えません(ということにしておきます)。<br>
1番キーに着信している通話(自電話機が鳴動していない)を取る場合には*561をダイヤルするだけです。これを保留する場合はちょっと注意が必要で、『新たな呼をつくって*561をダイヤルする』です。と書くとややこしそうですが大抵のSIP電話機では今の通話を自己保留して別途発信するだけです。何となく「ブラインド転送」のイメージがあるかもしれませんが、ABSにおけるキー挙動は呼の繋ぎ変えをABS側が管理しているので、「新たに*561」にダイヤルすると、今、キー1で行っている通話をキー位置で保留に押し戻すということをABSが行います。<br>

案内メニュー

VoIp-Info.jp