差分

移動先: 案内検索

自動発信

77 バイト追加, 2018年9月21日 (金) 05:06
コール用ファイル
Priority: 2
Channelは呼び出すチャネル名です。外線発信するならばextensions.confで記述するのと同様にZap/番号、などの指定を書きます。この例ではSIP/201を呼び出します。<br>
MaxRetries等はその通り何回リトライするかなどの設定です。MaxRetries等はその通り何回リトライするかなどの設定です。デフォルトは0回(最初の発信のみでリトライしない)。<br>Contexeはこのチャネル接続をどのコンテキスト内で行うかを指定します。Contextはこのチャネル接続をどのコンテキスト内で行うかを指定します。<br>
Extensionは接続するチャネルの『相手』を指定します。ダイアルプランでかまいませんので、IVRメニュー等のextenでもかまいません。この例では[default]の300番を指定しています。<br>
 
==ファイルの投入==
ファイルを作成したならば /var/spool/asterisk/outgoing/ ディレクトリへコピーないしは移動します。この際ファイルのパーミッションに注意してください。Asteriskをroot以外で実行している場合にはファイルのオーナやアクセス権を適切に設定しておく必要があります。<br>
48
回編集

案内メニュー

VoIp-Info.jp