Ad-header.png Fusion-logo.png    新刊→

FreePBX:5:Install

提供:VOIP-Info.jp Wiki
移動: 案内, 検索


FreePBX Distro 5系のインストール方法

インストール手順(Distro)

インストール媒体から起動します。

Fpx001.jpg
起動すると上の画面のようになります。起動時の選択肢は単に"Full Install"ですが、これはソフトウェアRAIDを使用するインストールになります。RAIDを使用しない場合には"No RAID"を選びます。
使用するAsteriskは1.8か11かを選択できますが、ここではAsterisk 11を選択することにします。

Fpx002.jpg
Asterisk 11でRAIDなしをインストールする場合には上の画面のようにFull Install - No RAIDを選びます。
なおハードウェアRAIDの場合にはOS(Linux)上からは単一のディスクにみえますから、インストール時にはRAIDを選択せずコントローラに任せます。
(ここの例ではストレージサーバを使用しているのでRAIDは使いません)

Fpx003.jpg
起動しはじめるとLinuxのお馴染みのブートメッセージ類が表示されます。

Fpx004.jpg
他のLinuxディストリビューション同様にまずはIPアドレス類を設定します。PBXサーバになりますからIPアドレスは固定した方が良いでしょう。(DHCPで起動しておいて後で変更することもできます)

Fpx005.jpg
タイムゾーンを設定します。あたりまえのことですが日本(GMT+9)なのでAsia/Tokyoを選択します。

Fpx006.jpg
rootパスワードを設定します。このパスワードはFreePBXサーバにコンソールやsshなどでログインするためのパスワードです。管理画面(Web UI)にアクセスするパスワードは後で別に設定します。

Fpx007.jpg
あとは自動的にインストールが行われますので完了するのを待ちます。

最初の設定(管理設定)

インストールが完了したならブラウザでアクセスします。インストールしたマシンのIPアドレスに対しブラウザで http:// で開くだけです。

Fpx008.jpg
Username : 管理ユーザ名を指定します(例:admin)
Password : 管理ユーザのパスワードを指定します
Confirm Password : パスワード確認のためもう1度入力します
Admin Email address : 管理者のメールアドレスを入力します
Confirm Email address : 確認のためもう1度メールアドレスを入力します

Fpx009.jpg
設定が完了すると上の画面のように表示されますので、左端のアイコンFreePBX Administrarionをクリックすると管理画面にログインできます。このとき先ほど設定した管理ユーザ名とパスワードを訊いてきますので入力してログインします。FreePBXの設定変更などを行う場合にはこのFreePBX Administrationを使って行います。

Fpx010.jpg
ログインが完了すると上のようにFreePBXのステータス画面となります。

日本語メニューの使用

現在のFreePBXはメニューなどの日本語化が行われており、一部のメニューに関しては日本語で使用することができます(まだ十分ではありませんが)。日本語メニューを使用するには以下のように設定します。

トップにあるバーのSettingsからAdvanced Settingsを選択します。FreePBX Advanced Settingsページ内にあるShow Language settingを探します。ページがそこそこ長いのでブラウザのページ内検索機能を使うと便利です。

Fpx011.jpg
FreePBX Advanced Settingsから
1) Show Language settingを探します
2) 右にあるTrueをクリックします
3) さらに右にあるチェックマークをクリックします
4) 画面上方にあらわれるApply Configをクリックします

以上の設定で画面上の右端にLangugeメニューがあらわれるようになります。出てこない場合にはページを移動してみてください。
Fpx012.jpg
このLanguageメニューからJapaneseを選択すると管理画面の表示が日本語(日本語化されている部分は)になります。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
サイトコンテンツ
スペシャル
リンク等
ユーザ登録
Google AdSense
ツールボックス