Ad-header.png Fusion-logo.png   

FreePBX脆弱性対策

提供: VoIP-Info.jp
移動先: 案内検索


bashの脆弱性の関係でFreePBXでも同様の脆弱性が発生します。この対策方法についてFreePBXコミュニティおよびShcmooze Inc.より対策方法が公開されています。

対象

FreePBX バージョン2.11以下すべてと、バージョン2.11からアップデートした2.12でARIシステムが残っているFreePBXが対象となります。 ※FreePBXを採用した各派生バージョンについては各開発元にお問い合わせ下さい ※Asteriskのみをインストールされており、FreePBXを導入されていない場合は該当しません


影響範囲

この脆弱性を使用された場合、結果として遠隔の第三者によって任意のコードを実行される可能性があります。 具体的には、ARIモジュールがサーバーにインストールされている場合、リモートから認証をバイパスしapacheプロセスを乗っ取り、サーバーに侵入、任意のコードを実行される可能性があります。
※ARIモジュール(現バージョンであるFreePBX2.11を含む、過去の全バージョンに標準でインストールされ、内線毎に個別の管理ページがWEB上に提供されるマイページ機能

参照先

本脆弱性の詳細は、以下の URL を参照してください。

  • bash の脆弱性対策について(CVE-2014-6271 等)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20140926-bash.html
  • FreePBX/Schmooze Com, Inc Alert[CVE: 2014-7235] 2014-09-30
2014年9月30日(日本時間10月1日) FreePBX セキュリティ情報 (緊急) に関する注意喚起
http://www.freepbx.org/node/92822
http://blog.schmoozecom.com/

対処方法

対象となるFreePBXバージョンをご利用中の方

1) FreePBX GUI上のモジュール管理画面から、FreePBX ARI Framework、並びにFreePBX Frameworkのモジュールを最新版にアップデートする
2) 該当のFreePBXが稼働しているサーバーにログインし、System Admin Dashboard (sysadmindashboard)という不正モジュールがインストールされていないかどうかを確認する
注意:システムによってインストール先のパスが異なる場合があります
インストールされている可能性の有る箇所の一例

/var/www/admin
/var/www/html/admin
/var/www/html/ ※FreePBX Distro(インストールイメージからの導入)の場合 

3) 不正モジュールが見つかった場合、以下のコマンドを実行し、削除する

# rm -rf [FreePBXルートパス]/admin/modules/admindashboard
# amportal a ma delete admindashboard

4) 続いて、c2.pl 及び c.sh というファイルを探し、見つかった場合、削除する
検索方法:

# updatedb
# locate c2.pl
# locate c.sh

削除方法:

# rm -rf [該当プログラムを発見したパス]/c2.pl
# rm -rf [該当プログラムを発見したパス]/c.sh

5) FreePBXに管理者権限を持った不正なユーザー(Administrator)が追加されていないかどうかを確認し、見つかった場合、該当するユーザーを削除する
FreePBX GUI上の Admin>Administratorsモジュールを選択し、登録済みのユーザー一覧を確認します
※FreePBXは初期状態では管理者として、通常maintユーザーが登録されています