「Asterisk動作確認済みOS」の版間の差分

提供: VoIP-Info.jp
移動先: 案内検索
(5.x)
(16.04)
 
(3人の利用者による、間の9版が非表示)
6行目: 6行目:
 
; Asterisk 1.6.0.17  
 
; Asterisk 1.6.0.17  
 
数カ月運用試験を行ったが安定して動作している。
 
数カ月運用試験を行ったが安定して動作している。
* PSTN: NTT東日本 ひかり電話オフィスタイプ
 
* Asterisk: Digium社のRepositoryを使用 (1.6.0.17で固定)
 
  
 +
動作環境
 +
* [http://ja.wikipedia.org/wiki/PSTN PSTN]: NTT東日本 ひかり電話オフィスタイプ(番号:2,回線:4)
 +
* FXS Gateway: アナログ電話 2台
 +
* Asterisk: Digium社のRepositoryを使用 (1.6.0.17で固定,適用patch無し)
 +
===6.x===
 +
===7.x===
 +
; Asterisk 13
 +
make configではsystemdのスクリプトは作成されず、init.dスクリプトが作成されるが問題なく動作。
 +
 +
==Windows==
 +
以前はCygwinや仮想化を使用してWindows上でAsteriskを動作させることができましたが、Windows 10以降ではWindows Subsystem for Linux(WSL)を使ってAsteriskを動作させることができます。どうしてもLinux系シャシを使いたくない場合にどうぞ。
 +
:[[Asterisk WSL]]
 
==Fedora==
 
==Fedora==
 +
 
==FreeBSD==
 
==FreeBSD==
  
18行目: 29行目:
 
Debian派生のCF向けディストリビューション<br>
 
Debian派生のCF向けディストリビューション<br>
 
:→[[Voyage Linux]]
 
:→[[Voyage Linux]]
 +
==Ubuntu==
 +
===16.04===
 +
apt-get install asterisk
 +
だけでインストールできるので、あとは/etc/asteriskの設定ファイルをいじるだけでいい。実行ユーザはasterisk:asterisk。
 +
ただしMySQL ODBC connectorがパッケージでは入らない模様

2018年9月21日 (金) 05:39時点における最新版

工事中。情報追加歓迎!このページは簡単な説明と詳細ページへのリダイレクトに使用します。
Asteriskインストールメモのページも参照のこと。

CentOS

4.x

5.x

Asterisk 1.6.0.17

数カ月運用試験を行ったが安定して動作している。

動作環境

  • PSTN: NTT東日本 ひかり電話オフィスタイプ(番号:2,回線:4)
  • FXS Gateway: アナログ電話 2台
  • Asterisk: Digium社のRepositoryを使用 (1.6.0.17で固定,適用patch無し)

6.x

7.x

Asterisk 13

make configではsystemdのスクリプトは作成されず、init.dスクリプトが作成されるが問題なく動作。

Windows

以前はCygwinや仮想化を使用してWindows上でAsteriskを動作させることができましたが、Windows 10以降ではWindows Subsystem for Linux(WSL)を使ってAsteriskを動作させることができます。どうしてもLinux系シャシを使いたくない場合にどうぞ。

Asterisk WSL

Fedora

FreeBSD

Mac OS X

Solaris

Asterisk Solaris

Voyage Linux

Debian派生のCF向けディストリビューション

Voyage Linux

Ubuntu

16.04

apt-get install asterisk だけでインストールできるので、あとは/etc/asteriskの設定ファイルをいじるだけでいい。実行ユーザはasterisk:asterisk。 ただしMySQL ODBC connectorがパッケージでは入らない模様