差分

移動先: 案内検索

Asterisk 13

2,283 バイト追加, 2018年9月20日 (木) 19:14
概要
[[カテゴリ:Asterisk]]
[[カテゴリ:pjsip]]
 
Asterisk 13.0.0が2014年10月24日(現地時間)リリースされました。<br>
:メンテナンス終了は2020年10月
:セキュリティフィックス提供終了は2021年10月
==概要==
Asterisk 13は最新のAsteriskのメジャーリリースで、Asterisk 11同様にLTS(Long Term Support:通常4年)になります。Asterisk 13のEOLは2019年10月が予定されています。13のEOLは2021年10月が予定されています。<br>
:https://wiki.asterisk.org/wiki/display/AST/Asterisk+Versions
Asterisk-addonsは1.8系以降ではAsterisk本体に統合されています。<br>
 
==日本語音声の扱い==
Asterisk 13からは日本語音声はAsterisk本体に統合されました。このため日本語対応パッチは不要となります。日本語実現の方法はコミュニティパッチと同じですが、統合された音声ファイル(クルーグが提供)が本家からダウンロードできます。このため当VoIP13からは日本語音声はAsterisk本体に統合されました。このため日本語対応パッチは不要となります。日本語実現の方法はコミュニティパッチと同じですが、統合された音声ファイルが本家からダウンロードできます。このため当VoIP-Info.jpによる日本語対応パッチおよび日本語音声ファイルの提供は13以降については行いません。 
==インストール==
===前提となるパッケージ類===
# make install
<br>
以上でコンパイル/インストール環境は整ったはずです。<br>事前にDAHDIをインストールするために環境を整えた場合にはgcc-c++とopenssl-develの追加だけでコンパイル可能になるはずです。なおjanssonライブラリは通常 /usr/local/lib にインストールされます。このため ld.so を調整しておかないとAsteriskが共有ライブラリの読み込みに失敗して起動しません。<br>CentOS等の場合には /etc/ld.so.conf を確認します。/usr/local/lib が参照されていない場合には以下のように修正します。 include ld.so.conf.d/*.conf /usr/local/libファイルを修正した後、ldconfigを実行します。
以上でインストール環境は整ったはずです。<br>事前にDAHDIをインストールするために環境を整えた場合にはgcc-c++とopenssl-develの追加だけでコンパイル可能になるはずです。===ソースの入手Asteriskソースの入手===
Asterisk 13のソースは以下からダウンロードできます。なお asterisk-13-current.tar.gz が最新バージョンへのシンボリックリンクとなっていますので、これをダウンロードすれば最新バージョンが入手できます。
http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/
基本的にconfigureしてmakeするだけです。
# ./configure
*13.8.x以降でpjsipを使いたい場合には以下を実行(別途インストールの必要なし)
# ./configure --with-pjproject-bundled
日本語音声ファイルをインストールする場合には./configureの後 make menuselectを実行します。
# make menuselect
メニュー画面から '''Core Sound Packages'''で'''CORE_SOUND-JA-....'''の必要なフォーマットのファイルを選択し、[Save & Exit]でmenuselectを終了します。あとはコンパイルとインストールを行うだけです。
# make
# make install
# make config
これで新規インストールは完了します。最後の make config で起動時に自動起動するようになります。<br>
なおAsteriskでもmake menuselectがサポートされておりコンパイルするモジュールを選択したり組み込むモジュールを選択することができるようになっています。最低限のPBXとして動作させるには設定ファイルに[[Asterisk 13 サンプル設定ファイル]]を使用してみてください。<br> # cd /etc # mv asterisk asterisk.bak # mkdir asterisk # cd asterisk # wget https://voip-info.jp/downloads/asterisk/conf/conf-sample-13_0627.tar.gz # tar zxvf conf-sample-13_current.tar.gz 
===MP3を使用する場合の注意===
MP3関連(MoHなど)を使用する場合には、MP3系のソースはAsterisk本体に含まれていないため、コンパイル時にエラーになりますが、ソース入手のスクリプトが付属しています。
# ./contrib/scripts/get_mp3_source.sh
これを実行すればMP3関連のモジュールがコンパイルできるようになります。
===コールパーク使用上の注意===
Asterisk 13では従来のスタイル(features.conf)で使用するパーキング設定は使えなくなっています。res_parking.confを使用してください。複数のパーキングロットを使用することができます。<br>
:https://wiki.asterisk.org/wiki/display/AST/Asterisk+12+Configuration_res_parking
 
===SIPチャネルとしてPjsipを使う場合===
13.8.xより前のバージョンでは以下のページを参照<BR>
[[Asterisk 13 pjsip]]
 
==サンプル設定ファイル==
Asterisk 13以降用にサンプルの設定ファイルを一新しました。<br>
:[[Asterisk 13 サンプル設定ファイル]]
 
==ひかり電話ホームの使用==
[[ひかり電話HGWパッチ]] を参照してください。13から名前およびCLIコマンドを改めました。<br>
またpjsipならパッチなしで直接扱えます。 [[pjsip ひかり電話HGW]]を参照してください。
48
回編集

案内メニュー

VoIp-Info.jp