差分

移動先: 案内検索

Polycom プロビジョニング

813 バイト除去, 2011年8月21日 (日) 01:11
編集の要約なし
Polycomのプロビジョニング方法<br>このページは新しいバージョン(UC3.x~)のファームウェアについて解説しています。<br>古い情報は[[Polycom プロビジョニング(旧版)]]にあります。<br><br>
==BootROM==
Polycomの電話機はBootROMと呼ばれる部分と、アプリケーションと呼ばれる部分のふたつのソフトウェア・コンポーネントで動作しています。BootROMもアプリケーションも、いずれもフラッシュメモリで電話機本体に書き込まれます。<br>
DHCPを使ってサーバ情報を渡す場合には後の項目を参照してください。<br>
==プロビジョニングのシーケンス==プロビジョニングも同様にftp,tftp,http,httpdいずれかの方法で行えます。電話機側に手動でサーバ情報を設定する場合には、ファームウェアのアップグレードと同様に、BootROMのメニューからサーバ情報を設定します。<br>なお、SoundPointはログをサーバに対して上げようとします。ftpの場合にはftpでアップロードしますが、http/httpsの場合にはHTTP PUTを行います。<br>*プロビジョニングは以下のシーケンスで行われます。# ファームウェアの更新チェック# <MAC Address>.cfg (マスタ設定ファイル) 注:このファイルの使用は現在は推奨されません。# 000000000000.cfg (デフォルトのマスタ設定ファイル)# phone1.cfg (上のふたつのファイルに書いてある場合)# sip.cfg (マスタSIP設定ファイル)# <MAC Address>-phone.cfg (電話機個別設定ファイル)##もし上のファイルが存在しなければ 000000000000-phone.cfg (電話機共通設定ファイル)# <MAC Address>-license.cfg (電話機個ライセンスファイル)##もし上のファイルが存在しなければ 000000000000-license.cfg (電話機共通ライセンスファイル)# <MAC Address>-directory.cfg (電話機個別電話帳ファイル)##もし上のファイルが存在しなければ 000000000000-directory.cfg (電話機共通電話帳ファイル):<MAC address>の部分は電話機のMACアドレスです。例えば 0004f21d9f83-phone.cfg のようなファイル名になります。:ライセンスファイルは有償オプションを有効にするためのもののようです。Polycomは基本的な機能以外の追加機能は有償オプションにしたっぽいです。===ユーザ名とパスワード===
FTP時などに使用されるユーザ名は PlcmSpIp で、パスワードも同じです。大文字小文字に注意してください。<br>
このユーザ名とパスワードはBootROMメニューか、AdvancedのAdmin Settingsから変更できます。<br>
==設定ファイルの作り方==
基本的には 000000000000-phone.cfgなど、MAC部がゼロのファイルがファームウェアといっしょに配布されていますので、これをテンプレートにして作成します。記述はXMLで、記述方法はかなり複雑です。<br>めんどくさい場合には次の手順で作成することもできます。1から設定ファイルを自分で記述するのは、かなりめんどうなので、次の手順で作成します。<br>
*ftpサーバをセットアップします
:Polycomの電話機がログインできるように。ftpでファイルのGETとPUTができればOK。
:ディレクトリへの書き込み権限の設定もお忘れなく。
*とりあえず電話機を立ち上げます
*ブラウザか電話機のメニューで設定します。
:ブラウザから入る場合には http://電話機のIPアドレス
::デフォルトのユーザ名は Polycom、パスワードは 456 。
*セットアップしたら電話機を再起動します。セットアップしたら電話機から設定情報をアップロードします:メニューから再起動するように。電プチはダメです。メニュー→設定→詳細設定→管理者設定→設定のアップロード::全部アップロードでかまわないでしょう。*再起動すると設定情報がアップロードされるので、設定ファイルができています。アップロードを行うと、以下のようなファイルができます。:これをテンプレートにして他の電話機用を作ると楽かも。<MAC-ADDRESS>-upload-all.cfg設定ファイルの書き方のドキュメントは以下にあります。*このファイルを以下の名前にリネームします。電話機ごとの設定ファイルはこの形にします。:<brMAC-ADDRESS>_phone.cfg (ここではアンダーバーにしていますが、後ろは任意です)http://wwwこれをテンプレートにして他の電話機用を作ると楽です::'''注意:以前使われていた<MAC-ADDRESS>-phone.polycom.com/global/documents/support/setup_maintenance/products/voice/spip_ssip_Admin_Guide_SIP_3_1.pdfcfg(ハイフン)の形式は使ってはいけません。'''::'''この形式の設定ファイルは各電話機のローカルな設定(リングトーンなど)を保存するために使われます。'''::'''ユーザがリングトーンを変更しただけでも、このファイルに書き込まれます。'''<br>読むのは大変ですが・・・。*000000000000.cfgファイルを編集します:各電話機ごとの設定ファイルの挙動を決めるのはこのファイル(マスター)です。:最低限以下の箇所を変更します <brAPPLICATION APP_FILE_PATH="sip.ld" CONFIG_FILES="[MACADDRESS]_phone.cfg" MISC_FILES="" LOG_FILE_DIRECTORY="" OVERRIDES_DIRECTORY="" CONTACTS_DIRECTORY="" LICENSE_DIRECTORY="">:CONFIG_FILES=に、上で決めたように_phone.cfgを使う設定をします。[MACADDRESS]と書けば、実際のMACアドレスに置換されます。
<br>
設定ファイルとして最低限必要なのは *つまり・・・:電話機そのものの設定(SIPアカウントとか)は '''<MAC Address-ADDRESS>_phone.cfg''' ファイルを使います。:電話機でユーザが変更可能なリングトーンなどの設定は '''<MAC-ADDRESS>-phone.cfg ファイルだけです。SIPの設定などもこの中で行います。他のファイルとの関係がどうなっているかは上のシーケンス順にファイルの中身を見ていけばわかると思います。<br>''' ファイルを使いますまた上記の方法で作成されたファイルとテンプレートをdiffしてみると、わかりやすいと思います。<br>:この -phone.cfg ファイルはftpを設定してあると、設定を変更した時に書き込みに行くようです。
==DHCPサーバ==
この際の実ディレクトリは /var/lib/asterisk/static-http/ がLinux上となり、ここにアクセスするURIは http://asteriskのIPアドレス:8088/asterisk/static/ となります。
Polycomプロビジョニング用に /var/lib/asterisk/static-http/polycom というディレクトリを作り、ここに設定ファイル類を置いたとします。この際、dhcpdの設定では以下のようにします。
option tftp-server-name "http://192.168.100.1asteriskのIPアドレス:8088/asterisk/static/polycom";
これで、Asteriskだけを使ってプロビジョニングが行えます。

案内メニュー

VoIp-Info.jp