差分

移動先: 案内検索

通話録音

126 バイト追加, 2018年9月15日 (土) 18:33
アプリケーションを使用する
この例では0番発信した場合の相手との通話を全て録音します。録音されたファイルはWAVフォーマットで /var/spool/asterisk/monitor/ の下に置かれます。<br>
Monitorのオプションを何も指定しない場合には通話は-inと-outというふたつのファイルに分かれて記録されますが、上記の例のように"m"を指定していると、通話終了後にsoxmixが呼び出され通話はひとつのファイルに保存されます。
 
${TIMESTAMP}はAsterisk 1.4から非推奨になりました。${STRFTIME(${EPOCH},,%Y%m%d-%H%M%S)}を利用できます。
 
==automon==
Asterisk 1.2からはautomonと呼ばれる動的なモニタ機能が追加されました。<br>
48
回編集

案内メニュー

VoIp-Info.jp