Ad-header.png Fusion-logo.png    新刊→

Cisco/CallManager Express/SIP接続

提供:VOIP-Info.jp Wiki
移動: 案内, 検索

CallManager Express(CME)側がAsteriskに対し、
Registせずに兄弟関係を結ぶやりかたのほか、
CME側からRegistをかけて親子関係にてSIP接続する方法がある

目次

検証環境

CME SIP Trunk.png

使用機種

  • 玄箱Asterisk (Asterisk1.2.10)
  • Cisco 1751-V (Cisco CallManager Express4.0)
  • 電話機3台 (CP-7931G,CP-7970G,AAstra53i)

ネットワーク構成

  • 192.168.0.0/24
  • 玄箱およびCisco側はIP固定
  • 電話機はDHCPより自動割当

Asterisk側の設定

  • 内線550番台と560番台への発信は、CMEに発信するようにする。
  • パスワードによる認証なし

extensions.confに下記の設定を加える。
sip.confの変更は不要だが、場合によっては変更も必要になるかもしれない。

exten => _5[56]X,1,Dial(SIP/${EXTEN}@192.168.0.249)

CME側の設定

Dial-peerの設定にて、電話をかける先を決める。

  • 内線300番台への発信は、Asteriskに発信するようにする。
  • パスワードによる認証なし
  • SIPによる接続
  • Asterisk側へのRegisterは行わない

設定例

dial-peer voice 3 voip
 description Kurobako
 destination-pattern 3..
 session protocol sipv2
 session target ipv4:192.168.0.4
 dtmf-relay rtp-nte
 codec g711ulaw

CME側コマンド色々

CME側のコマンドについて

dial-peer voice 1 voip

電話の掛け先を設定する。
最大で2147483647個所までOK(リソースの限界は不明)

設定例

dial-peer voice 1 voip

description

ただの注釈。
あってもいいし、無くても良い。
接続先の名称を付けておくと区別しやすくなる。

設定例

description Kurobako

destination-pattern

ダイヤル先の番号を正規表現にて設定する。
Asteriskでの書き方とは違うので混同しないように注意すること。
ボイス- Cisco IOS プラットフォームでのダイヤルピアの稼動状態についても参照のこと

destination-pattern [35]..
3か5で始まり、なおかつ3桁の番号
destination-pattern 2000
ダイヤル先が2000のみ
destination-pattern 0T
頭が0の番号全て(タイムアウトするまで何桁でも該当する)

設定例

destination-pattern 3..

session protocol

セッションを張るプロトコルを設定する。
CMEのバージョンによって異なる可能性があるが、種類は三つ
Asteriskやその他SIP関連機器ならsipv2一択

  • cisco
  • multicast
  • sipv2

設定例

session protocol sipv2

session target

電話を掛ける先(Inviteを投げる先)を決める。
(CMEのバージョンによって異なるかもしれないが)種類は6つ。
基本的にはIPアドレスか、ホスト名(DNS)を指定する

  • loopback
  • dns
  • ipv4
  • enum
  • ras
  • sip-server

設定例

Dial-peer1つにつき、 session targetも一つしか入らないので注意

session target ipv4:192.168.0.4   ←指定したIPアドレスに投げる
session target dns:sip02.g-lex.net  ←今は亡きG-LEXに投げる

codec

使用するコーデックを選択する。
CMEのバージョンによっては、G.722コーデックが使えるものもある

  • clear-channel
  • g711alaw
  • g711ulaw
  • g723ar53
  • g723ar63
  • g723r53
  • g723r63
  • g726r16
  • g726r24
  • g726r32
  • g728
  • g729br8
  • g729r8
  • g722-48 (CME7.0以降対応)
  • g722-56 (CME7.0以降対応)
  • g722-64 (CME7.0以降対応)
  • ilbc (CME7.0以降対応)

設定例

対向先に併せてG.711 Ulawをコーデックとして使用する。

ISR-2801(config-dial-peer)#codec g711ulaw

dtmf-relay

DTMFの送出方法をキメる。
対向側との設定を併せておく必要がある。
初期値では"無効"になっている。

  • cisco-rtp
  • h245-alphanumeric
  • h245-signal
  • rtp-nte (RFC2833)
  • sip-kpml
  • sip-notify

設定例

dtmf-relay rtp-nte

showコマンド

show dial-peer voice summary

ダイヤル先の一覧(サマリー)を出力する。

#show dial-peer voice summary
dial-peer hunt 0
             AD                                    PRE PASS                OUT
TAG    TYPE  MIN  OPER PREFIX    DEST-PATTERN      FER THRU SESS-TARGET    STAT PORT
1      voip  up   up   1         5..                0  syst ipv4:192.168.0.211
2      voip  up   up             2..                0  syst ipv4:192.168.0.5
20001  pots  up   up             550$               0                           50/0/1
20002  pots  up   up             551$               0                           50/0/2
3      voip  up   up             3..                0  syst ipv4:192.168.0.4

注意事項

  • 各IP-PBX(Asterisk/CME)のIPアドレスが固定なので、一方が可変IPの場合は設定を見直す必要アリ
  • NAT入れてないのでNAT越しの挙動は不明
  • セキュリティを考慮していないので、内部からの犯行があったらお手上げ(パスワード認証は一切無し)
  • PSTN発着信を考慮していないので要注意

外部リンク

Asterisk Cisco CallManager Express Integration
CMEとAsteriskを接続する方法 (voip-info.orgより)
Asterisk Cisco CallManager Integration
コールマネージャー(CMEではない方)とAsteriskを接続する方法 (voip-info.orgより)
RTシリーズとCISCOルータの相互接続のための設定例集(VoIP(SIP)の使用)
YAMAHA RTA55iとCisco 3640のSIP接続例
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
サイトコンテンツ
スペシャル
リンク等
ユーザ登録
Google AdSense
ツールボックス